【所得税】配偶者控除が「上限150万円以下」に拡大

こんにちは。
吉村です。


 政府・与党は、パート主婦世帯向けの所得税の配偶者控除の対象を「年収103万円以下」から「年収150万円以下」に拡大する方向で最終調整に入ったようです。


 これまでは「年収103万円以下」だったところ、「年収150万円以下」までは38万円の所得控除額が受けられるようにし、150万円超で控除がなくなれば世帯の手取り額が逆転するため、150万円を超えても徐々に控除額が減っていく仕組みにするよう検討されています。


 ただし、財源を確保するために夫の年収にどのような制限を設けるかが今後の焦点となります。


 2018年1月実施ということで、12月8日にまとめる2017年度与党税制改正大綱に盛り込む方針です。




 ブログに関するご質問、ご相談等ございましたらこちらまでご連絡ください。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 吉村峰仙公認会計士・税理士事務所

コメント


認証コード4642

コメントは管理者の承認後に表示されます。