【贈与と税金】親の土地に子供が家を建てた時

こんにちは。
吉村です。


 今回のテーマは、『親の土地に子供が家を建てた時』


 土地の貸し借りが行われる場合に、借り手は地主に対して地代を支払います。

 地代のほか権利金などの一時金を借地権設定の対価として支払う場合もありますが、親の土地に子供が家を建てたときに地代や権利金を支払うことは通常ありません。


 このように地代も権利金も支払うことなく土地を借りることを土地の使用貸借といいます。

 親の土地を使用貸借して子供が家を建てた場合、子供が親から借地権相当額の贈与を受けたことになるのではないかという疑問が生じますが、使用貸借による土地を使用する権利の価額はゼロとして取り扱われていますので、子供が借地権相当額の贈与を受けたとして贈与税が課税されることはありません。


 この使用貸借されている土地は将来親から子供が相続する時に相続税の対象となります。

 相続税の計算の時のこの土地の価額は、他人に賃貸している土地ではなく自分が使っている土地として評価されますので、貸宅地としての評価額でなく自用地としての評価額になります。




 それでは、親名義の建物に子供が増築した場合、贈与税が課税されるのでしょうか。


 親名義の建物に増築した場合、増築部分は建物の所有者の所有物となりますので、親が子供に対して対価を支払わない場合、親は子供から増築資金相当額の利益を受けたものとして贈与税が課税されることになります。


 しかし、子供が支払った増築資金に相当する建物の持分を親から子供へ移転させて共有とすれば、贈与税は課税されません。

 なお、この場合、親から子供への建物の持分の移転は、親から子供に対する譲渡となり、譲渡利益が生じるときは譲渡所得の課税対象になりますが、共有とするための譲渡及び親子間の譲渡であることから、居住用財産を譲渡した場合の特例は適用できません。




 ブログに関するご質問、ご相談等ございましたらこちらまでご連絡ください。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 吉村峰仙公認会計士・税理士事務所

コメント


認証コード3249

コメントは管理者の承認後に表示されます。